ページTOPへ

なぜ、移植後にB型肝炎になるのか

肝移植について

B型肝炎など慢性の肝臓病が悪化し、肝臓の細胞が硬くなり働かなくなる(肝硬変、肝不全)など重症の肝臓病の治療の一つとして肝移植が行われています。

肝臓が悪くなると現れる症状

初期には自覚症状がほとんどありませんが、重症になると黄疸腹水意識障害などが現れます。

肝移植

肝臓移植を受ける人をレシピエントといいます。肝臓を提供する人をドナーといいます。