コンファクトF 注射用 250・500・1000国際単位規格
  • 製剤の規格により溶解液量、ビンの大きさ、シリンジの大きさが異なります。
  • 本説明書では例として500国際単位規格を用いた使用方法を掲載しています。
  • 全ての規格における、移注セットの基本的な使用方法は同じです。
製剤と溶解液
製剤と溶解液
溶解液注入針
溶解液注入針
フィルトラン(フィルター)
フィルトラン(フィルター)
シリンジ
シリンジ
翼状針(よくじょうしん)
翼状針よくじょうしん

溶解前の準備

溶解前の準備イメージ1

液体石鹸で指先までしっかり手を洗い、清潔にします。

溶解前の準備イメージ2

机の上に「製剤と移注セット」 を並べ、全部そろっているかを確認します。机の上も清潔にしておきます。

薬の溶かし方

※溶解時、まれに浮遊物が認められることがありますので、ろ過後に沈殿、浮遊物の認められるものは投与しないで下さい。

薬の溶かし方のイメージ1

製剤バイアルと溶解液バイアルのキャップをはずし、製剤バイアルと溶解液バイアルのゴムの部分をアルコール綿で消毒します。

薬の溶かし方のイメージ2

溶解液注入針の片側のキャップをはずします。

薬の溶かし方のイメージ3

溶解液バイアルに溶解液注入針をまっすぐ差し込みます。

薬の溶かし方のイメージ4

製剤バイアルを逆さにして、上から溶解液注入針にまっすぐ差し込みます。

薬の溶かし方のイメージ5

溶解液バイアルが上にくるように逆さにすると、液が製剤バイアルに入っていきます。

薬の溶かし方のイメージ6

静かにかたむけると、バイアルの上部についた粉末を溶かすことができます。

薬の溶かし方のイメージ7

上下に振らないでください。また、勢いよく振らないでください。

溶解液が完全に製剤バイアルに入ったら、 溶解液注入針を製剤バイアルに残したまま、空の溶解液バイアルをぬきとります。溶解液注入針のキャップをはめ、振り子を振るように左右にゆっくりと振盪し、できるだけ泡立てないようにして、薬を溶かします。

注射の準備

注射の準備イメージ1

シリンジを袋から取り出します。

注射の準備イメージ2

フィルトランの袋をあけ、直接さわらないように注意して、シリンジにフィルトランをつけます。

注射の準備イメージ3

シリンジの中に、薬と同じ量の空気を入れます。(溶解液バイアルに表示された量が薬の量です)

注射の準備イメージ4

溶解液注入針のキャップを外して、そこにシリンジのフィルトランをしっかり差し込み、シリンジ内の空気をバイアルの中に押し込みます。(シリンジの内筒から指を離すと空気が戻ってくるので、指を離さないでください)

注射の準備イメージ5

シリンジの内筒を押したまま、反対の手で製剤バイアルを持ち、ゆっくり製剤バイアルを持ち上げます。

注射の準備イメージ6

シリンジの内筒を押さえている指の力を少しずつゆるめると、空気に押し出されて薬液がシリンジに入ってきます。

注射の準備イメージ7

薬液が全部シリンジに入ったら、シリンジからフィルトランをはずし、翼状針(よくじょうしん)をつけます。

準備完了!

廃棄方法

廃棄方法イメージ使い終わった後は、針類は針が飛び出さないような硬い容器に入れ、シリンジ、製剤バイアルと溶解液バイアルもそれぞれ専用の袋に入れ、次の通院時に病院に持って行きましょう。箱や器具の袋などは、自宅で廃棄してかまいません。
詳しい廃棄方法は、医療機関にお尋ね下さい。

トラブルシューティング

溶解液が製剤バイアル内に流入しない場合

対処法1

〈対処法①〉軽くふる

対処法2

〈対処法②〉バイアル底部を軽くたたく

移注不良が起こった場合には、対処法①又は②の方法で、溶解液注入針の空気流路内の液を除くとスムーズな移注が可能となります。

溶解前の注意点

  • 家庭での保管は子供の手の届かない所へ保管して下さい
  • 持ち運び時は、車内など直射日光の当たる場所に放置しないで下さい
  • 持ち運び時に長時間にわたる場合は、アイスボックス等を利用し10℃以下に凍結を避けて保存して下さい
  • 溶解液が冷たいと解けにくいので、使用前に室温にもどして下さい
  • 製剤は使用する直前に溶解して下さい
  • 溶解後は1時間以内に使用して下さい
  • 箱やラベルに書かれている有効期限を確かめて下さい
  • バイアルがひび割れ等をおこしていないか確かめて下さい
  • 使用後の容器内に残った薬液、移注セットは再使用しないで下さい
  • 溶解液は手で温めて下さい(お湯で温めないで下さい)
  • 注射に足りないものはないか確認して下さい
  • 製剤バイアル・溶剤バイアル・シリンジなどの廃棄は、上記廃棄方法を確認して下さい