ページTOPへ

なぜ、移植後にB型肝炎になるのか

移植後にB型肝炎になるのはどのような場合ですか?

次の場合、肝移植後にB型肝炎・肝硬変が発症する可能性があります。

肝移植を受ける患者さんが現在、B型肝炎ウイルスに感染している場合(HBs抗原陽性のレシピエント)

悪い肝臓をすべて取り除いても、体の中のどこかにB型肝炎ウイルスが潜んでいる。

手術や薬によって免疫が抑えられると、肝臓以外のところに潜んでいたB型肝炎・肝硬変ウイルスが増殖し、新しい肝臓内に入り込みB型肝炎が再発する。

肝臓を提供する人がB型肝炎ウイルスに感染したことがあるが治癒している場合(HBc抗体陽性のドナー)

ドナーの肝臓の中のB型肝炎ウイルスは、ドナーの免疫によりほとんど活動していない。

レシピエントはB型肝炎ではないので、レシピエントの体の中にはB型肝炎ウイルスはいない。

手術や薬によって免疫が抑えられると、休眠状態であったB型肝炎ウイルスが再び活動し始め増殖し、B型肝炎・肝硬変が発症する。

  • B型肝炎について