HOME日本血液製剤機構について透明性に関する取り組みについて

透明性に関する取り組みについて

  1. 医療機関等との関係の透明性に関する取り組みについて
  2. 患者団体との関係の透明性に関する取り組みについて

1) 医療機関等との関係の透明性に関する取り組みについて

一般社団法人 日本血液製剤機構(以下、JB)は、「善意と医療のかけ橋 私たちは善意の献血による血液製剤を通じ高い倫理観と使命感をもって人びとの健康に貢献します」という基本理念のもとに、社会から信頼される法人をめざしています。その実現のためには、医薬品の研究開発から製造販売に至るすべての段階で、医療機関・医療関係者の皆様と製薬企業との連携が旧来に増して必要となってきております。その際、その連携の透明性を確保することにより、JBが医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、およびその企業活動が高い倫理性のもとに行われていることについて、広く社会からご理解いただくことが重要であると考えております。

また、今般、欧米などでも情報公開に対する議論が活発化しており、医療関係団体、製薬企業ともに自主規範を強化し、透明性向上に対する取り組みが進められています。日本でも、日本血液製剤協会等が「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を策定し、医療機関等に関わる企業活動の情報を公開することが既に発表されています。

これらに鑑みまして、JBは、「基本理念」、「ビジョン」および「行動指針」に従って策定した「コンプライアンス行動宣言」に基づいて、「医療機関等との関係の透明性に関する指針」を下記の通り定めました。

本指針に従いまして、JBから国内の医療機関・医療関係者の皆様に対する資金提供等の内容につきまして、2013年の決算発表以降に、JBのホームページ等に公開させていただいております。

医療機関・医療関係者の皆様におかれましては、本件につきましてご理解を賜り、ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本血液製剤機構の指針・2012年10月制定

<基本方針>
一般社団法人 日本血液製剤機構(以下、JB) コンプライアンス行動宣言にもとづき、常に公正な取引を行い、医療関係者等への資金提供等の内容を公開する。
<目的>
JBの企業活動における国内の医療機関等との関係の透明性を確保することにより、JBが医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、及びJBの企業活動が高い倫理性を担保したうえで行われていることについて、社会から広く理解を得ることを目的とする。

2) 患者団体との関係の透明性に関する取り組みについて

一般社団法人 日本血液製剤機構(以下、JB)は、「善意と医療のかけ橋 私たちは善意の献血による血液製剤を通じ高い倫理観と使命感をもって人びとの健康に貢献します」という基本理念のもとに、社会から信頼される法人をめざして日々の事業活動を継続しております。そして、その活動に関連して様々な患者団体と協働させていただく機会も増えております。

JBは、患者団体との協働の一環としての支援活動等が、各患者団体の独立性を尊重して相互理解のもとに実施され、各患者団体の活動・発展に寄与していくことについて、広く社会からご理解いただくことが重要であると考えております。

本件につきましては、日本血液製剤協会等が「患者団体との協働に関するガイドライン」「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」を策定し、各会員会社が患者団体との協働に関する取り組みを進めていく旨の方針が発表されています。

これらに鑑みまして、JBは、「基本理念」、「ビジョン」および「行動指針」に従って策定した「コンプライアンス行動宣言」に基づいて、「患者団体との関係の透明性に関する指針」を下記の通り定めました。

本指針に従いまして、JBから国内の患者団体の皆様に対するご支援にあたりましては、協働に関する合意書を締結したうえで、各患者団体に対する資金提供等の内容の情報公開にご同意いただいたうえで、2013年の決算発表以降に、JBのホームページ等に公開いたします。

患者団体の皆様におかれましては、本件につきましてご理解を賜り、ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本血液製剤機構の指針・2013年10月制定

<基本方針>
一般社団法人 日本血液製剤機構(以下、JB) 「コンプライアンス行動宣言」および「コード・オブ・プラクティス」にもとづき、常に高い倫理観を持ち、患者団体の独立性を尊重し、誠実で公正な社会活動を行う。また、JBが支援する患者団体との協働については相互理解を深め、その目的、内容などを書面等で合意するとともに透明性を確保するために、患者団体へ提供している金銭的支援等については公開する。
<目的>
JBの企業活動における国内の患者団体との関係の透明性を確保することにより、JBが患者団体の独立性を尊重する高い倫理性と相互理解を担保したうえで患者団体の活動や社会貢献活動に寄与していることについて、社会から広く理解を得ることを目的とする。