サポート制度

support

重症筋無力症は、特定疾患治療研究事業で国が指定する「指定難病」です。難病の医療費助成制度や支援団体、情報提供サイトなど、さまざまな面から患者さんやご家族をサポートする体制があります。

相談窓口

医療機関では医療ソーシャルワーカー(MSW)が、医療・福祉・経済・療養などの相談を、市区町村では保健師が、療養に関する相談を受け付けています。また、各都道府県には「難病相談支援センター」が設置されています。その他にも患者団体やNPOなどの民間支援団体があります。

各種福祉サービス

ヘルパー派遣やデイサービスなどの介護給付、リハビリや労働支援などの訓練給付など、必要と認められた場合は福祉サービスや支援を受けることができます。ベッドや車いすなどの日常生活支援用具の給付や貸与などの支援制度もあります。お住まいの市区町村の窓口にお問い合わせください。

難病の医療費助成制度

住居地の市区町村に申請すれば医療費など(入院時食事療養の一部負担を含む)の給付を受けることができます。所得と重症度に応じた段階的な一部自己負担制度となっています。

難病の医療費助成制度
申請までの流れ

建物の挿絵1

STEP01

病院で、 重症筋無力症の診断を受ける

建物の挿絵2

STEP02

各都道府県のホームページで申請書・診断書・同意書をダウンロードする

保健所【保健(福祉)センター】で受け取ることも可能。

診断書

「臨床調査個人票」

申請書

「特定医療費(指定難病)
支給認定申請書」

同意書
建物の挿絵1

STEP03

各都道府県が指定する「難病指定医」で、ダウンロードした診断書に記入してもらう

「難病指定医」の情報は各都道府県のホームページで確認するか、主治医にお問い合わせください。

診断書記入

「臨床調査個人票」

記入する人の挿絵

STEP04

申請書・同意書に記入する

申請書記入

「特定医療費(指定難病)
支給認定申請書」

同意書記入
記入する人の挿絵

STEP05

必要書類をそろえて最寄りの保健所【保健(福祉)センター】へ提出する

申請書・診断書・同意書に加えて、健康保険証(写し)・課税証明書・世帯全員の住民票など、 必要書類をそろえて、最寄りの保健所へ提出します。

※記載の書類以外にも、条件によっては必要な書類があります。詳しくは医療ソーシャルワーカー、各都道府県の「難病相談支援センター」、保健所【保健(福祉)センター】にお問い合わせください

診断書

「臨床調査個人票」

申請書

「特定医療費(指定難病)
支給認定申請書」

同意書
健康保険証(写し)
課税証明書
全世帯の住民票

※診断書は指定医の記載から3ヶ月以内のもの。

※課税証明書・住民票は、お住いの市区町村の役所・役場で交付しています。

※住民票は続柄の記載のある発行日から6ヶ月以内のもの。

PAGETOP