感染予防について

受傷後の処置

創傷部位の迅速・十分な洗浄、死滅した皮膚組織の切除、必要に応じた破傷風感染の予防などの適切な処置をすることにより、感染率を低くすることができます。

イラストイメージ

受傷後の破傷風感染の予防


破傷風の
予防接種歴
破傷風を起こしやすい傷 破傷風を起こしにくい傷(左以外の清潔で小さな外傷)
沈降破傷風
トキソイド
TIG 沈降破傷風
トキソイド
TIG
不明必要必要必要不要
0~1回必要必要必要不要
2回必要必要必要不要
3回以上不要※1不要不要※2不要
破傷風を起こしやすい傷
破傷風の
予防接種歴
沈降破傷風
トキソイド
TIG
不明必要必要
0~1回必要必要
2回必要必要
3回以上不要※1不要
破傷風を起こしにくい傷(上記以外の清潔で小さな外傷)
破傷風の
予防接種歴
沈降破傷風
トキソイド
TIG
不明必要不要
0~1回必要不要
2回必要不要
3回以上不要※2不要
TIG:抗破傷風人免疫グロブリン
※最後のトキソイド注射から①では5年以上、②では10年以上経過している場合は必要
TIG:抗破傷風人免疫グロブリンとは
この製剤は、破傷風菌の出す毒素に対する抗体の濃度が高い免疫グロブリン製剤です。破傷風が気になる外傷の場合、速やかに投与することにより、破傷風菌の毒素を速やかに中和して、発症を予防します。また、破傷風を発症した場合でも、この製剤の投与により症状を軽くする事が出来ます。
沈降破傷風トキソイドとは
破傷風菌がつくる毒素を無毒化し、予防接種として注射して抗体をつくります。