TOP  >  製剤情報一覧 疾患から探す  >  ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群(GBS) 関連製剤:ヴェノグロブリンIH

シリーズ連載中
ギラン・バレー症候群のエキスパートに聞く

臨床現場で役立つ実践的な診断・治療情報を、ギラン・バレー症候群のエキスパートDrにインタビュー形式でお伺いいたしました。NEW

GBSの予後予測の現状と今後の展望 ~PNS Annual meeting2019のトピックスも含めて

防衛医科大学校 神経・抗加齢血管内科 准教授
海田 賢一 先生

2019年12月掲載(審J2006209)

ヴェノグロブリン情報局

静注用人免疫グロブリン製剤の効能・効果、販売規格

国内において市販されている静注用人免疫グロブリン製剤の効能・効果、販売規格の一覧を示します。

2021年4月作成 (審J2104002)

感染防御機構における免疫グロブリンの働き

CGと映像でわかりやすく解説いたします。 監修:
帝京大学医学部 微生物学講座
主任教授 斧 康雄 先生

関連する製剤情報

関連する患者指導箋

エキスパートDr.シリーズ 新型コロナウイルス感染症関連 情報誌 お役立ち素材 その他コンテンツ 新着情報
close
close