TOP  >  製剤情報一覧 疾患から探す  >  自己免疫疾患

自己免疫疾患 関連製剤:ヴェノグロブリンIHポリグロビンN

シリーズ
自己免疫疾患をより良く理解するための免疫学

自己免疫疾患に携わるエキスパートDrより、免疫学についてご説明いただきました。

順天堂大学大学院医学研究科
免疫学講座 特任教授
アトピー疾患研究センター
センター長
奥村 康 先生

東邦大学医学部医学科
生化学講座 教授
順天堂大学大学院医学研究科
免疫学講座 客員教授
中野 裕康 先生

第11回 単一遺伝子変異による自己免疫疾患

自然免疫系の過剰な反応の結果生じる病気が自己炎症性疾患ならば、自己免疫疾患は獲得免疫系の異常の結果引き起こされる疾患である。・・・

2016年7月掲載(審J2005087)

ヴェノグロブリン情報局

静注用人免疫グロブリン製剤の効能・効果、販売規格

国内において市販されている静注用人免疫グロブリン製剤の効能・効果、販売規格の一覧を示します。

2021年4月作成 (審J2104002)

感染防御機構における免疫グロブリンの働き

CGと映像でわかりやすく解説いたします。 監修:
帝京大学医学部 微生物学講座
主任教授 斧 康雄 先生

エキスパートDr.シリーズ 新型コロナウイルス感染症関連 情報誌 お役立ち素材 その他コンテンツ 新着情報
close
close